私たちは環境スチュワードシップにおいて指導的役割を果たすことに力を入れています。

ファイエットビル工場

私たちの最も重要な責任は、人と環境を守ることです。

Chemours(ケマーズ)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、同意命令に基づいて実施しているサイト外の住宅用飲料水プログラムについて、以下のような手順を採用しています。

  • 対象となる住民の方々には、今後も予定通りボトル入り飲料水をお届けします。また、バーコード付きの書簡をお持ちの方には、月曜日午後2時〜6時、土曜日午前8時〜10時に、工場敷地内で追加の水を提供します。また、Chemours(ケマーズ)からの配送に代えて、ご自分で水を購入したい対象住民の方には、商品券を用意しています。詳細は910-678-1101までお問い合わせください。
  • Chemours(ケマーズ)は2020年6月1日より住宅用井戸のサンプリングを再開しました。住民の方は910-678-1101に電話して、井戸のサンプリング対象であるかどうかを確認し、井戸のサンプリングをご予約ください。
  • Chemours(ケマーズ)は、2020年6月22日から逆浸透(Reverse Osmosis:RO)システムや粒状活性炭(Granular Activated Carbon:GAC)システムの設置も再開しています。対象住民の方は910-678-1101に電話して、設置をご予約ください。
  • ROユニットのメンテナンスは引き続き必要に応じて、居住者からご要望をいただいた際に、敷地内に入って作業する許可をいただいた上で実施します。
  • GACユニットの定期的な運用・保守・モニタリング(Operation and Maintenance and Monitoring:O&MM)および四半期ごとのサンプリングは、以下の要領で継続します。
    • 実施待ちのGACのO&MMについて、担当チームが居住者の方に電話、メール、またはテキストメッセージ(選択可)でお知らせします。居住者の方と連絡がつかない場合は、GAC設置場所でO&MMを実施します。 
    • 担当チームはO&MMが完了したことを居住者に伝えるメモを残します。

Chemours(ケマーズ)は必要に応じて、その他の手順を追加します。

フェイエットビル工場の製造拠点はノースカロライナ州南東部に位置するブレイデン郡とカンバーランド郡の境界線付近の約8.7 km2の敷地にあり、そのうち約1.6 km2が開発されています。このサイトには他に2つの化学品製造工場があり、合わせて550人を超える周辺住民を雇用しています。

同サイトの社員ボランティアの尽力により、サイトの未開発エリアには、ノースカロライナ州に自生する様々な草や野花が広がり、シカ、シチメンチョウ、リス、ウサギなどの野生動物が生息しています。

製品について

Chemours(ケマーズ)は現代生活に欠かせない製品を可能にしています。私たちが提供する材料は、航空宇宙機や自動車による移動をより安全に、より手頃に、より環境に優しくします。フェイエットビル工場で製造している材料は、州や国の経済に欠かせません。飛行機、自動車、携帯電話やその他の通信機器には、必ずふっ素樹脂が使われています。私たちは再生可能エネルギー設備を構成する様々なコンポーネントや、化学・電力分野におけるエネルギー消費量の削減や環境安全性の向上に貢献する材料を提供しています。

2050年には100億人に達すると言われる世界人口の増加に伴い、電力需要が増加しています。同時に、低炭素な未来の実現が求められており、エネルギー効率の向上と新しい技術の開発・導入が必要です。フロー電池のエネルギー貯蔵に用いられるNafion™(ナフィオン™)膜は、効率的かつ効果的なエネルギー貯蔵を実現し、世界の電力供給や広範なエネルギーインフラに欠かせなくなっています。当社の顧客はイオン交換膜を利用して塩素や水酸化ナトリウムを製造しており、それが水の衛生管理や医薬品の製造など、幅広い用途に使用されています。

安全と環境

Chemours(ケマーズ)のスタッフは会社の価値観を実践するよう求められており、その中には「安全性へのこだわり」があります。私たちは安全への配慮を怠らず、自分だけでなく同僚の健康にも気を配ります。一人ひとりが、安全に働き、健康を促進し、環境に配慮する模範となるよう努めています。私たちは人と環境を守ることが最も重要な責任であると考えています。

  • 私たちは、安全な職場環境を構築・維持し、製品が意図した用途で使用されるよう、スチュワードシップを徹底します。この配慮は社員、請負業者、地域社会、顧客、そしてすべてのステークホルダーに及びます。
  • 私たちは、環境への配慮、安全性、健康を事業計画と実際の運営に組み込み、企業責任コミットメントによる持続可能性の取り組みで業界をリードします。
  • 私たちは、安全性、個人の保護、環境コンプライアンス、製品スチュワードシップに関する会社の方針や政府の規制に従う責任があることを理解しています。ビジネスパートナーにも同じことを求めています。
  • 私たちは、すべての人々の権利と尊厳を尊重する方法で事業を実施することをお約束します。
  • 私たちは、透明性と信頼性に基づく関係を築き、地域社会とのパートナーシップを維持していきます。私たちは地域社会との戦略的な連携が、企業責任コミットメントの達成に重要な役割を果たすと考えています。

安全性と持続可能性に対するこのコミットメントが、私たち自身、当社、顧客、そしてステークホルダーの持続的な成功を確実にすると信じています。

ニュースとプレスリリース

2020年3月30日

Chemours(ケマーズ)のサーマルオキシダイザー、99.99%以上の効率でPFASを破壊

2019年12月27日

Chemours(ケマーズ)、サーマルオキシダイザーのスタートアップを発表

2019年3月15日

Chemours(ケマーズ)、サーマルオキシダイザーの排出量抑制ユニットの大気汚染に関する許可証を取得

2018年11月21日

Chemours(ケマーズ)社、ノースカロライナ州環境品質局(Department of Environmental Quality:DEQ)およびCape Fear River Watchと合意

2018年10月5日

PFAS 10物質についての8月の復帰突然変異試験(Ames試験)の結果

2018年8月9日

Chemours(ケマーズ)、大気排出量に関する炭素吸着床の試験結果を提出 - カバーレター

2018年7月17日

Chemours(ケマーズ)、環境的影響を受けた井戸の所有者に炭素ろ過装置を提供

2018年6月1日

Chemours(ケマーズ)社、ノースカロライナ州で地域説明会を開催

2018年5月29日

Chemours(ケマーズ)社、炭素吸着装置の設置を完了

2018年5月9日

Chemours(ケマーズ)社、ノースカロライナ州での排出量対策に積極的に取り組む