世界で最も大きな課題を解決する

ベルギーでは、主にメケレンとアントワープ(カロ)の2拠点で事業を運営し、ブリュッセルにオフィスを構えています。ここで製造している材料は、人々の生活と安全に欠かせない分野における革新的で効率的なソリューションの開発で、中核的な役割を果たしています。 Lezen in het Nederlands

ベルギーのChemours(ケマーズ)

メケレンの拠点はコーティング製造施設であり、コーティング実験室とNafion™(ナフィオン™)実験室を備えています。私たちは、液体コーティングの必須要素としてふっ素樹脂を活用し、医薬品、自動車、食品、エレクトロニクスなどの産業の様々な用途向けに配合しています。これらは、現代の工業用および住宅用コーティングに欠かせない製品であり、品質と耐久性を維持し、汚染から保護し、私たちが日常生活の中で頼っている多数のソリューションを強化するために使用されています。

Teflon™(テフロン™)製品は非常に重要です。一方で、医療分野の高品質用途によって産業分野の事業シェアが大きく成長しています。

2017年以降、当社の科学者は、未来のグリーン水素経済の重要なコンポーネントであるNafion™(ナフィオン™)膜の開発にも大きく関与しています。

アントワープ(カロ)の拠点は、EMEA地域でChemours(ケマーズ)のCenter of Expertise for Customer Excellence and Logistics(カスタマーエクセレンスと物流の専門センター)となっています。このチームは、EMEAにおいてすべての戦略的事業ユニットのサプライチェーンと地域の顧客サービスを管理し、全世界の顧客に包括的なサポートを提供しています。

同時に、アントワープの拠点はEMEAにおけるチタニウム テクノロジー事業の主要なハブでもあり、1か所に顧客サービス、計画策定、オペレーション(大量生産から梱包まで)、技術ラボ、倉庫を擁しています。

欧州地区の中心にあるブリュッセルのオフィスは、政府・規制関連業務のハブとして機能しています。