dave shelton

Dave Shelton

ゼネラルカウンセル、コーポレートセクレタリー兼シニアバイスプレジデント

Dave Sheltonは、基準を設けてあらゆる判断に妥当性を持たせることを推奨しています。

2014年11月に現在の役職に就く前、Dave Sheltonはデュポンのアソシエイトゼネラルカウンセルを務めており、デュポンの法務グローバルリーダーシップチームの一員でした。

 

Q:Chemours(ケマーズ)はどのようにして他者への羅針盤としての役割を果たすことができるでしょうか。

A:Chemours(ケマーズ)が傑出している点の1つは、顧客が正しい行動をとり、規制の範囲内で安全かつ大規模なイノベーションを行うよう支援できることです。この領域で私たちは、競合他社にはない方法で人と知識を結びつけることができます。

Q:弁護士ではなかったらどんな仕事をしていましたか。

A:エンジニアでしょう。実際に働いている姿を見て、化学エンジニアの考え方や問題解決の仕方が気に入りました。

 

略歴

DaveはChemours(ケマーズ)社のグローバルリーガル、コンプライアンス、セキュリティ、ガバメントアフェアーズのチームを率いています。Daveは1996年にデュポンに入社し、デュポン特殊化学品事業の環境顧問や商業顧問など、法務において多くの役割を担ってきました。また、多くの特殊化学品事業の主任弁護士を務め、ジュネーブで4年間、デュポンのパフォーマンス マテリアルズの様々な事業に対する助言を行いました。

Daveは最近では、デュポンの米国コマーシャルチームを率いています。デュポンのビジネスユニットのビジネスカウンセルを務める弁護士とパラリーガルで構成される34人のチームです。DaveはDiversity and Inclusion Champions Council(ダイバーシティ&インクルージョン・チャンピオンズ・カウンセル)のメンバーでもあるため、その法務チームで多様性(ダイバーシティ)と受容(インクルージョン)を推進しています。Daveはデュポンに入社する前、フィラデルフィアとニュージャージー州南部で7年間、弁護士として個人開業していました。

Daveはペンシルベニア州フィラデルフィアのセントジョセフ大学で文学士号を、ペンシルベニア州ビラノバのビラノバ大学で法学博士号を取得しました。ペンシルベニア州、ニュージャージー州、デラウェア州の弁護士資格を持つDaveは、デラウェア州法曹協会の執行委員会の委員を務めています。

dave shelton

Dave Shelton

ゼネラルカウンセル、コーポレートセクレタリー兼シニアバイスプレジデント

すべての判断に目を配ることはできませんが、基準を設けてあらゆる判断に妥当性を持たせることはできます。