責任ある化学に対するChemours(ケマーズ)のコミットメント。

責任ある化学への公約(コミットメント)

Chemoursの企業責任への公約(コミットメント)

Chemoursでは、化学の⼒を通じて、よりカラフルで有能でクリーンな世界を作り出すことを⽬的としています。当社の事業部門を通じて、より良く、より安全で、より信頼性が⾼く、より持続可能な科学に基づいたソリューションを提供します。当社の製品は、気候変動と持続可能性の⽬標を達成する上で重要な役割を果たしています。実際、2030年までに当社の収益の50%、もしくはそれ以上が、国連の持続可能な開発⽬標(UNSDGs)に特定の貢献をする製品で構成される予定です。

私たちの世界はますますより効果的で高度な化学製品を必要としています。つまり、私たちの共有する地球の利益のために、安全性と始まりから終わりでのプロダクトスチュワードシップへの揺るぎないコミットメントで、これらの重要な技術に貢献する必要があります。当社は2018年には、10の企業責任コミットメント(CRC)を通じて責任ある化学を実現させるという公約を掲げ、それ以来継続して実⾏してきました。

当社は、責任ある⽅法で製造プロセスにおけるPFAS化合物を管理する義務と、2030年までに製造プロセスからPFASの空気と⽔の排出量の少なくとも99%を削減するというコミットメントを⾮常に真剣に取り組んでいます。Chemoursは、この公約を⾏う化学製造業の最初の企業として業界をリードしています。

私たちのコミットメントは⾏動によって裏付けされています。

コミットメントは、⾏動と進歩が伴なわなければなりません。オランダのドルドレヒト工場では、2017年の基準と比較しPFAS排出量を99%以上削減するために7,500万ユーロを投資して、2021年と2024年の重要なマイルストーンを達成する予定です。ノースカロライナ州のフェイエットビル工場では、2017年の排出量と⽐較してフッ素系物質の排出量の99%を削減する技術を開発することに成功しました。フェイエットビル工場では、排出ガス制御技術に1億ドル以上を投資し、⼀連の排出ガス抑制装置を設置しました。当社の最新式の熱酸化装置は、排出するフッ素化有機物の99.999%を破壊します。

フッ素樹脂

フッ素樹脂はPFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)の一種で、現代生活には欠かせません。

フッ素樹脂はユニークな特性を兼ね備えていることから、現代生活にとっても、グリーン経済をはじめとするさまざまな分野や産業にとっても、欠かせないものになっています。耐火性、耐候性、耐熱性、耐化学性、非湿潤性、非粘着性、高性能誘電性といった特性です。

フッ素樹脂は、経済のほぼすべての主要分野を支えています。

フッ素樹脂は、経済のほぼすべての主要分野の用途で重要な役割を果たしています。そうした分野や業界では、失敗が許されない用途で、指定された性能を満たす製品を必要としているため、フッ素樹脂が欠かせません。