持続可能なサプライチェーン

持続可能性へのコミットメントをサプライヤーと共有する

Chemours(ケマーズ)は、サプライチェーンの持続可能性を高めるために、サプライヤーネットワークと協力しています。

サプライヤーはChemours(ケマーズ)のバリューチェーンの重要な要素であり、私たちは企業責任に対する熱意をサプライヤーと共有したいと考えています。そのために、私たちはサプライヤー企業責任アセスメント(Supplier Corporate Responsibility Assessment:SCRA)への参加をお願いしており、多くのサプライヤーが参加しています。

2020年のサプライチェーンに関するハイライト

  • 2年連続でEcoVadis社のシルバー評価を獲得。
  • 事業の重要拠点において、調達予算の10%を地元のサプライヤーとの取引に消費。
  • アセスメントの対象となったサプライヤーの平均環境スコアは52%で、EcoVadis社のベンチマークである46%を上回っていることが判明。そのうち65%のサプライヤーが環境報告書を作成しており、45%が1つ以上の事業所でISO 14001の認証を取得しています。 
  • 現在アセスメントの対象であるサプライヤーの公正な事業慣行の平均スコアは50%で、EcoVadis社のベンチマークである41%を上回っていると判定。そのうち71%が汚職防止ポリシーを、69%が内部告発手続きを定めています。
「持続可能なサプライチェーン」に関する2030年目標 

より持続可能なサプライチェーンの実現に向けて

世界70カ国以上に広がる12,000社以上のサプライヤーとの広範なネットワークであるChemours(ケマーズ)のサプライヤーネットワークは、私たちが生み出す責任ある化学に欠かせない要素です。私たちはサプライヤーを私たち自身の延長線上にあるものと考えており、企業責任に対する理念を共有するサプライヤーと協力していくために力を尽くしています。これは私たちの責任ある調達哲学の要です。私たちはサプライヤー企業責任アセスメント(SCRA)により、サプライヤーが企業責任の取り組みに参加してくれるよう支援しています。2020年には、このプログラムへのサプライヤーの参加が、支出額にしてサプライチェーンの約59%をカバーするまでになり、私たちの目標の1段階達成に向けて大きく前進しました。