鉱山事業でのシアン化ナトリウムの安全性に関する知識の流出に歯止めをかける

シアン化ナトリウムのテクニカルエキスパートと連携し、鉱山と従業員を守る

金や銀の採掘・加工にシアン化ナトリウムを使用する機会は年々増えていますが、安全な取り扱い方法について適切な研修を受けている人は少ないのが現状です。また、鉱業では従業員の離職率が高いため、知識のギャップが拡大すると健康面や安全面で深刻なリスクが発生する可能性があります。

鉱山会社はシアン化ナトリウムの適切な取り扱いと使用を徹底するために必要な、定期的で一貫性のある安全研修を優先する必要があります。

従業員の離職、環境規制や産業規制の変化、新規および拡張した採掘作業における組織的知識の不足などから生じる潜在的な安全問題にも対応する1つの解決策は、業界でシアン化ナトリウムの安全性をリードする企業と連携することです。

シアン化ナトリウムのしかるべきサプライヤーやパートナーとチームを組むことで、リスクを軽減し、最適任のプロバイダーに研修を任せ、シアン化ナトリウムの安全性について最も知識のある内容領域専門家(Subject matter expert:SME)とつながることができます。

このホワイトペーパーをダウンロードして、Chemours(ケマーズ)との連携により、シアン化ナトリウムの安全性に関する専門知識が得られ、採掘作業でシアン化ナトリウムの取り扱い、輸送、保管のベストプラクティスを確立でき、全社的なメリットになることをご確認ください。